Windows11 とりあえず、最低動作要件

f:id:tomo_k:20210625131438p:plain

 

www.microsoft.com

上記に示すような要件がいまのところ、公式で出ている動作要件のようである。

CPU

CPUは表面上は1GHz以上で2Core以上で64bitのプロセッサーとなっているので一見敷居が高いようには見えないけどもその先のリンクをみてみるとIntelだと第8世代Coreiシリーズ以降となっておりかなり最近のCPUでないと動作要件を満たさないことになっている。

しかしながら、21H1の動作要件をみても概ね第5世代以降となっており現実にそれ以前でも動作していることから実際は動くのではないかと予想される。

 

docs.microsoft.com

docs.microsoft.com

モリー

4GB以上。

これは、特に問題ないと思われる。

 

ストレージ

64GB以上

空き容量が不足してるとここで引っかかると思われる。

仮想環境などでギリギリのストレージで運用しているとこのあたりで問題になりそう。

 

システムファームウェア

UEFI、セキュアブートが必須。

おそらく、ここ10年くらいのPCならクリアできていると思われる。

仮想環境だとちょっと怪しいかも。

 

TPM

おそらく、ここが一番の鬼門。

TPM2.0の対応が必須。

多くのPCにハードウェアとしては対応しているはずであるが、自作PCなどはデフォルト値として無効とされていることが多い。

また、Hyper-Vをはじめとした仮想環境においてもTPMを有効にするにはホストサーバ側のセキュアブートなどのが必要でハードルがある。

残りは、現在WIndows10が通常稼働していれば大丈夫だろう。

 

動作要件を満たしているかどうかチェックするアプリケーションは下記からダウンロードできる。

 

https://aka.ms/GetPCHealthCheckApp

 

f:id:tomo_k:20210625133824p:plain

 

Windows11が実行できますように!

DataGridViewの.NET5と.NETFramework4.5での動きの違い

.NET5では様々な動作速度に関する改善が入っているとされている。

今回、古典的なWinFormsのコントロールであるDataGridViewでもその恩恵が受けられるのかどうか調査してみた。

 

まずは、.NET5でCSVを読み込みそれをDataGridViewに表示するアプリケーションを作ってみる。

ソースは以下の通りである。

github.com

ドラッグアンドドロップCSVファイルを読み込ませるとDataGridViewにCSVファイルの内容が表示されるというもの。

.NET Framework4.5でもほぼ同様の内容で作成しておく。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

で、それぞれスクロールした様子を比較すると動きは一目瞭然で.NET5の方が動きがよくなっている。

ゆえに、WinFormsでもこれから作成する場合には.NET Frameworkではなく.NET5や.NET Core3.1それ以降を採用すべきなのではないかと考えている。

これまで、.NET FrameworkでWinFormsを使っていた開発者なら現状のデザインツールからいって違和感なく移行できると思う。